建設業・土木業専門求人サイト 正社員・アルバイト・一人親方などの求人サイト 建築・土木・設備・仕上げ・外構・大工・解体・鳶・重機オペなどの求人が満載

建設ニュース

道路政策で建議 社整審道路分科会

2017/08/31
国土交通省は2017年8月22日、今後の道路政策の方向性を示す建議をまとめ、石田東生分科会長が高橋克法大臣政務官に手交した。 建議では、定期点検で検査を行った結果、緊急また早急に修繕が必要と診断された橋梁が10%に上り、通行止めや通行規制が約2600カ所に及んでいると指摘。 道路の老朽化対策を〝セカンドステージ〟へと移行させるため、新技術導入や予防保全型の管理を徹底してコスト縮減を図ると同時に ...(詳細はこちら

レオパレスオーナー訴訟

2017/08/26
アパートの修繕費を払っているのに、約束した頻度で屋根やクロスの塗り替えや交換をしていないとして、東海地方に住むオーナー29人が29日、サブリース大手の「レオパレス21」(東京都)を相手取り、 計1億4743万円の支払いを求めて名古屋地裁に提訴する。関東や関西などのオーナー約70人も同様の訴訟を検討する。同社は「適切な修繕をしている」との立場だ。 原告側のオーナーは、いずれも自らが建てたアパ ...(詳細はこちら

新国立競技場 現場監督 過労自殺

2017/07/22
新国立競技場の建設工事に関わっていた23歳の新卒男性が今年3月に失踪し、長野県で遺体で見つかった。警察などの調査で、自殺と判断された。 「自殺は仕事が原因」として、両親は上野労働基準監督署に労災認定を申請、代理人の弁護士が7月20日に厚労省で記者会見した。 【2016年12月17日、新国立競技場地盤改良工事に従事することになって以降、極度の長時間労働、深夜勤務、徹夜が続いた。自殺直前の1カ月で ...(詳細はこちら

主任技術者の配置義務緩和を検討

2017/05/23
建設現場の下請に対する主任技術者の配置義務を、国土交通省は緩和する方向で検討に入った。 現在の建設業法では施工に入るすべての下請に主任技術者の配置を義務づけているが 専門工事の業種単位で主任技術者を配備すれば、 下位の下請が主任技術者を配置しない事を例外として認める。 ...(詳細はこちら

下請債権保全支援事業延長とファクタリング

2017/03/25
国土交通省は、下請け会社の連鎖倒産を防止する「下請債権保全支援事業」を平成30年3月末まで延長することを決めた。 建設業の倒産件数はいまだ他業界に比べ高く、業界の対策としてはファクタリング会社に債権を買い取ってもらうなど 色々な対策を講じてきた。 ファクタリングは取引先の倒産防止以外にも急な資金が必要になったときなどに融資を受けることができる。 審査も早いところでは3日~5営業日で対応して ...(詳細はこちら
1 / 3123